LINEをビジネスで利用する

サイトマップ

ホームページとデザインの会社
株式会社ジェイプラン

menu
 
  LINEをビジネスで利用する

LINEをビジネスで利用する

LINE、すごい勢いですね。

2013年11月25日には全世界のユーザー数、3億人を超えた様です!
内、日本人以外が8割ということで、日本でのユーザー数は6000万人ほど。半分の近くの人が使っているんですね!

LINE@という企業アカウントをもっている店舗もどんどん追加されますね。
https://biz.line.naver.jp/ja/

今どんだけあるんだろうって調べてみたら、関東エリアだけで
ショッピング 477アカウント
ファッション 496アカウント
グルメが 869アカウント
メディア 208アカウント
ビューティ 639アカウント
エンタメ 477アカウント
ライフ 1,342アカウント
スポーツチーム 39アカウント
レジャー 122アカウント
学校 48アカウント
公共サービス 48アカウント
習い事 447アカウント
政党 3アカウント
ありました。

今まではメルマガが主流だった感じがしていましたがどんどんラインにシフトしていく気がしています。
メルマガ登録者を増やすためにメルマガ登録してくれたら1品サービスとか10%引きとかいろいろなサービスがあり、とりあえず登録した人は多かったと思います。
でもそのため、メールボックスはいっぱいになり、本当に必要な情報が埋もれてしまう。
実際に必要になったときはどこにメールがあるのか探すのが大変、ということになり、
あまり重要じゃないメルマガはフリーメールサービスで1つアドレスを作って、全部そちらのアドレスに登録する。
というようなことをしている人も多いと思います。

LINE@でメッセージを送信した場合は、いつも持ち歩いているスマホに送られます。

しかもほとんどの人がメッセージが送られてくると音が鳴って画面に表示されるプッシュ通知を使っているのでメッセージが伝わる可能性が高い。

でも、このプッシュ通知は、友達ごとに設定でoffにすることができるので、1日に何通も送ったり利用ユーザーが登録している店舗が増えたりしたときにoffにされてしまう可能性は十分に考えられます。

ただ、登録してもらえると友達の中に追加されます。なので、必要になったときにすぐに見つけてもらえるっていうのもうれしいですよね。

他にも

LINE@のうれしいサービス

LINE@のうれしいサービス

詳しくはhttps://biz.line.naver.jp/howto/ja/を見てください。

(引用元:https://biz.line.naver.jp/howto/ja/

・クーポンを発行できる。(1回限りの使いきりクーポンや抽選クーポンなどもつかえる)

クーポンを発行できる

 

・予約投稿が可能

 

予約投稿が可能


・自動返信メッセージを登録できる

 

自動返信メッセージを登録できる


・日々の記録をデーター統計してくれる

 

日々の記録をデーター統計


・スマホから簡単配信

スマホから簡単配信

 

(画像はhttps://biz.line.naver.jp/howto/ja/から使用)

・画像やリンク、動画などを貼り付けることができるPRページを使える

 

PRページ

・ユーザーが近隣スポットから探せる(近い順をクリックする)
近隣スポットから探せる1近隣スポットから探せる
しかも!!個人間でもショッピングを楽しめる「LINEMALL」がこの冬ぐらいからスタートします!企業はもちろん、個人でも出店ができるシステムです。http://lineblog.naver.jp/archives/33816867.html

来年には消費税が8%にアップしますが、個人間で消費税はかからないので個人間での売買が今まで以上に盛り上がってくる可能性大です!

企業はうかうかしてられませんね!

LINEMALLでの買い物をする人が多くなったとき、もちろんそこで出店している企業で買い物をする人も多くなります。
そんな時、LINE@でのユーザーをたくさん確保している企業が有利なことは言うまでもありません。

LINE@ってなに?気になる!使ってみたいけどいまいち仕組みがよくわからないぞ?

という方は一度LINE@に登録している企業を登録してみて、そのサービスをユーザー側として体感してみたらいいかもしれませんね。

LINE@の登録企業を探す方法と友達になる方法。

 

印刷はこんなに安かったの?

梅オーナー情報はこちら

おすすめレンタルサーバー

独自SLLが無料!月額100円~使える!使いやすく初心者にお勧め!


ホームページお役立ち情報