ワードプレス 便利プラグイン

サイトマップ

ホームページとデザインの会社
株式会社ジェイプラン

menu
 
  ワードプレス 便利プラグイン

ワードプレス 便利プラグイン

AddQuicktag

参考記事

http://kachibito.net/wordpress/shortcode-tips-and-addquicktag.html

 

ショートコードを追加するプラグイン

参考記事

ショートコードを簡単に追加できるWordPressプラグイン『Shortcodes Ultimate』

 

Arconix Shortcode

ショートコードが使えるようになるプラグイン

 

Shortcodes Ultimate

 

Duplicate Post

記事の複製

 CKEditor for WordPress

コード表示がきれいなテキストエディタ

 

Tweet, Like, Google +1 and Share

ソーシャル共有

 

クライアントに喜ばれるプラグイン
http://kachibito.net/wordpress/plugins-for-commercial.html

 

 

 

Google XML Sitemaps

検索エンジン用サイトマップ
ページ追加やURLが変更の度に、管理画面で更新する必要がある

 

PS Auto Sitemap

ユーザー用サイトマップ

 

Revision Control

残すリビジョンの数を指定

 

RSS Antenna

外部ブログのRSSを表示

 

 

 

WP Keyword Link

キーワードに必ずリンクをはる

 

参考サイト

WordPressおすすめプラグイン(2013年)

http://hinagata.biz/how/category-latestposts/

http://blog.quusookagaku.com/wordpress/plug-in/14846/

 

What’s New Generator

新着情報を表示してくれる

設定 → What’s New 設定 で設定後、表示したい場所に[showwhatsnew]を記載。

 

Custom Post Type List Shortcode

Custom Post Type UI でつくったカスタムポストの一覧表示ショーとコード

デフォルト↓

[cpt_list post_type=”staff” posts_per_page=”100″ category=”” use_single_blocks=”false” title_links=”false” link_to_file=”false” attachment_to_use=”0″ show_thumbs=”false” show_post_content=”true” read_more_link=”false” list_title=”false” file_extension=”true” thumb_link=”false” thumb_height=”false” thumb_width=”false” order_posts_by=”false” which_order=”ASC wrap_with=”false”]

 

[cpt_list post_type=

“post_type_name”

posts_per_page=”100″

category=”カテゴリフィルタ”

use_single_blocks=”false” リスト項目の箇条書きリストに定義のタイトルと定義定義とその標準定義リストからポストタイプのリストを切り替えること

title_links=”false” タイトルにリンクなし  ありは”true”  カスタムリンクは”リンク先URL”

link_to_file=”false” 添付ファイルにリンク

attachment_to_use=”0″ 添付ファイルデフォルト

show_thumbs=”true” アイキャッチ表示

show_post_content=”true” コンテンツ領域に投稿の内容を表示-  ”false” はコンテンツ領域が空になります。 – それ以外の値は、投稿の内容表示として値を使用します。

read_more_link=”false”  続きを読むのリンクを表示しない  ”true”で ・・Read More...  に  ” 続きを読む”  などで ”” 内のの言葉になる

list_title=”false”  リスト名を非表示  ”true”で表示  または”リスト名” 中の文字を表示する

file_extension=”true”  CSSクラス名 - 参照されたファイルのリンクからファイルの拡張子を使用するためには trueの試み。 – falseにリンクにクラスを追加しません。 – 他の値は、この値のクラスが追加されます(注:アンカータグのclass属性にそのままこれらの値は印刷され、特殊文字を保証したり、スペースが使用されてください)​​。

thumb_link=”false”  サムネイル画像にリンクなし ”true”で 画像は、タイトルと同じリンク先にリンク - 画像は# にリンクされます post_index “n” nがインデックスさ0です(カスタムjQueryの画像ギャラリーに便利)、カウントされます。 – “id”画像はイメージの添付ファイルIDにリンクされます – “src”画像にリンク。 – サムネイルがこの値にリンクされますその他の値(注:アンカータグのhref属性にそのままこの値が出力されますが、特別な文字やスペースが適切にエスケープされずに使用されていない保証してください)​​。

thumb_height=”false”     サムネイル画像のheight属性として使用されます。または高さを指定

thumb_width=”false”  サムネイル画像のwidth属性として使用されます。または幅を指定

order_posts_by=”false”  このオプションは、WPのクエリ内のOrderBy引数として使用されます。falseの場合、デフォルトでは、ポストの id DESCで注文します。

which_order=”ASC”   which_order =「ASC」はこのオプションは、WPのクエリ内のorder引数として使用されます。order_posts_byが設定されている場合にのみ使用されます。

wrap_with=”false”   このオプションは、HTMLタグで各リスト項目をラップするために使用されます。use_single_blocksオプションを使用すると、 `偽でない場合、このオプションは使用されている。(注:HTMLタグにそのままこの値が印刷され、唯一の値として有効な、ブロックレベルのXHTMLタグを使用してください)​​。  Example:   wrap_with=”div class=’wrapper_class’”

]

List category posts

カテゴリーやタグの記事一覧を表示

テンプレートをカスタマイズできる

テンプレートの使い方
http://cha-han.info/2014/07/list-category-posts%E3%81%AE%E8%A8%98%E4%BA%8B%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%92%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84/

catlist name=news(カテゴリーの名前)

numberposts=5(最新の表示件数)

content=no(記事本文は表示しない)

thumbnail=yes(記事の画像を表示する)

thumbnail_size  Ex: [catlist thumbnail_size=32,32] or [catlist thumbnail_size=thumbnail]

template=saisin_gazo(適用させるテンプレート名)

date=yes date_class=”lcp_date” (投稿日 クラスを指定)

pagination=yes instance=1  ページネーション

 orderby - 順序をカスタマイズ

  • author – 数値著者のIDで並べ替え。
  • category – 数値のカテゴリIDで並べ替え。
  • content – -コンテンツで並べ替え。
  • date – 作成日で並べ替え。
  • ID – ポストIDで並び替え
  • menu_order – メニューの順番で並べ替え。ページだけで有用
  • mime_type – MIMEタイプで並べ替え。添付した場合にのみ有効です。
  • modified – 最終更新日で並べ替え。
  • name – スタブで並べ替え。
  • parent -親IDで並べ替え。
  • password – パスワードで並べ替え
  • rand – ランダムに結果を並べ替えます。
  • status -ステータスで並べ替え。
  • title – タイトルで並べ替え。
  • type -タイプで並べ替え。例:[catlist name=mycategory orderby=date]

customfield_orderby カスタムフィールドでの投稿を注文

[catlist numberposts=-1 customfield_orderby=Mood order=desc]

 

starting_with タイトル特定の文字で始まる記事を取得

Example: [catlist starting_with=”あ”]

そのタイトル「あ」で始まるすべての記事一覧が表示されます

 

numberposts -返される投稿数。ページあたりの記事の最大数を使用する場合は0に設定します。

 

no_posts_text  - 全くの記事が見つからなかったときに表示されるテキスト。指定しないと何も表示されない。

 

monthnum and year 特定の年または月からの投稿リスト。

例:[catlist year=2012 monthnum=12]

 

search - 検索語に一致する記事リスト。

[catlist search=”The Cake is a lie”]

 

date date="yes" date_class="" date_tag="" - タイトルの横に表示投稿の日付。

CSSクラスとhtmlタグを設定できる。

 

date_modified date_modified_class date_modified_tag  最後に変更された日付を表示.

CSSクラスとhtmlタグを設定できる。

 

excerpt=yes or excerpt=full  抜粋

excerpt_strip=no で HTMLタグが取り除かれません。

excerpt_size = 30

 

title_limit -タイトルの文字の制限を設定します。

 

excludeposts  

例 [catlist excludeposts=this,12,52,37]同じページの記事と、ID12,53,37の記事を除外

 

catlink  - カテゴリへのリンクとカテゴリーのタイトルを表示

 

post_type  - 表示する投稿の種類。

[catlist post_type=”page,post” numberposts=-1]

 

post_status

  • publish – 公開ポストまたはページ
  • pending – 保留されているポスト、レビュー
  • draft – ドラフト状態のポスト。
  • future – ポストは、将来的に公開
  • private – ログインしていないユーザーには表示されない。

 

show_protected=yes  パスワードで保護されている

 

post_parent このIDのポストの子だけを表示

 

post_suffix すべての記事のタイトルの後にこの文字列を表示

Ex: [catlist numberposts=-1 post_suffix=”Hello World”]

 

 

 

印刷はこんなに安かったの?

梅オーナー情報はこちら

おすすめレンタルサーバー

独自SLLが無料!月額100円~使える!使いやすく初心者にお勧め!


ホームページお役立ち情報

東京・千葉の中国語教室

中国語教室