ホームページにビデオを埋め込む方法

サイトマップ

ホームページとデザインの会社
株式会社ジェイプラン

menu
 
  ホームページにビデオを埋め込む方法

ホームページにビデオを埋め込む方法

html5では<video>や<audio>といったタグを用いてマークアップを行うだけで、簡単に動画や音声の再生を行えます。

例:<video src=”ビデオガ保存されているURL” width=”400″ height=”300″></video>

 

使用可能な属性

参照: http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1105/27/news112.html

width

height

controls (ブラウザネイティブのコントローラを表示)

src  動画ファイルのURLを表します

poster  動画データが利用できない間、代わりに表示しておく画像のURLを指定します。動画の1フレーム目の画像を指定するのが典型的な利用例です。

preload  動画データを事前に読み込むよう、ブラウザに指示します。指定可能な値は“none”(事前読み込みを行わない)、“metadata”(動画の幅や高さ、1フレーム目の画像、再生時間など、動画のメタデータのみ取得する)、“auto”(動画データの先読みを行う)のいずれかです。省略時の動作はブラウザに依存します。

autoplay 自動再生

loop  繰り返し Chrome10、Opera11、IE9、Safari5は対応(Firefoxは未対応)。

muted 音声なし

mediagroup 動画と動画、動画と音声などを同じグループとして同期できるらしいがいまいちよくわかってない 詳しくはこちらhttp://yhk.minibird.jp/honttoni/mediagroup.html#va_group

controls……動画の再生コントローラを表示

 

対応している要素のみを読み込ませる方法

<video width=”320″ height=”240″>
<source type=”video/ogg” src=”/video/HORIKITA_Maki.ogv” />
<source type=”video/mp4″ src=”/video/HORIKITA_Maki.MP4″ />

</video>

印刷はこんなに安かったの?

梅オーナー情報はこちら

おすすめレンタルサーバー

独自SLLが無料!月額100円~使える!使いやすく初心者にお勧め!


ホームページお役立ち情報

東京・千葉の中国語教室

中国語教室