グローバルサイト構築

サイトマップ

ホームページとデザインの会社
株式会社ジェイプラン

menu
 
  グローバルサイト構築

グローバルサイト構築

現在グローバルサイトを構築しています。

グローバルサイトの構築で必要なこと、気をつけることを記載して以降と思います。

ドメインがとても重要のようです。
以下(http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/02/blog-post_24.html 参照)によると、
ドメインの 「.jp」 は日本向けのサイトを示す明確なシグナルとなるため、日本のサイトと判断されてしまうようです。

多くのウェブサイトにとって、ドメイン名は非常に重要です。Google ではドメイン名に関して、次の 2 種類を区別しています。
ccTLD(国別コード トップレベル ドメイン): このドメインは、それぞれ特定の 1 つの国に関連付けられています(たとえば、.jp は日本、.de はドイツ、.cn は中国など)。これは、ユーザーにとっても検索エンジンにとっても、そのウェブサイトがどの国向けに作られているかを示す明確なシグナルとなります。
gTLD(ジェネリック トップレベル ドメイン): このドメインは特定の国には関連付けられていません(たとえば、.com、.net、.org、.museum など)。Google では、.eu や .asia などの地域トップレベル ドメイン名も gTLD とみなしています(これらのドメインは、特定の国には関連付けられないためです)。また、Google はいくつかの vanity ccTLD(.tv、.me など)も、gTLD として扱っています。というのも、これらのドメインを利用したサイトは、特定の国ではなく、より一般的な広い地域をターゲットとしていると考えるユーザーやウェブマスターが多いからです(Google が gTLD として扱う ccTLD を完全に網羅した一覧表はありません。こうした内容は、時と共に変化するからです)。gTLD を持つウェブサイトの地域ターゲティングは、 [ウェブマスター ツール] の [地域ターゲット設定] を使用して設定することができます。

 

 

言語や地域の URL に hreflang を使用する

複数の言語でコンテンツを提供するウェブサイトや地域別にコンテンツを提供するウェブサイトの場合、Google ではrel="alternate" hreflang="x" 属性を使用して、適した言語や地域の URL を検索結果で返しています。

https://support.google.com/webmasters/answer/189077?hl=ja#

双方のhead内にに

印刷はこんなに安かったの?

梅オーナー情報はこちら

おすすめレンタルサーバー

独自SLLが無料!月額100円~使える!使いやすく初心者にお勧め!


ホームページお役立ち情報